ひとりぼっちの世界一周航海記

ひとりぼっちの世界一周航海記
4652077645堀江 謙一

理論社 2005-08
売り上げランキング : 30356


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
堀江謙一は1962年の"太平洋ひとりぼっち"以来、数多くの航海を重ねてきた。72年には、小型ヨットによる西回り単独無寄港世界一周を、96年には、アルミ缶リサイクル使用のソーラーボートで単独無寄港太平洋横断を、99年には、ビール樽とペットボトルのリサイクル使用のヨットで単独太平洋横断を、2002年には、"モルツ・マーメイド"3号で"太平洋ひとりぼっち"の再現を成し遂げた。そして65歳になった堀江謙一の新たなチャレンジがはじまった。2004年10月1日西宮港を出航、"サントリー・マーメイド"号で単独無寄港世界一周の航海に、今回は東回りで再チャレンジすることになった。

内容(「MARC」データベースより)
著者は1962年の単独太平洋横断以来、数多くの航海を重ねてきた。65歳での新たなチャレンジは、サントリー・マーメイド号での単独無寄航世界一周、東回りの航海。2004年10月の出航から翌年6月の帰還までの航海記。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
西村 一広
東京商船大学(現・東京海洋大学)航海科卒業。ヨット専門誌『舵』編集部、ノース・セール社セール・デザイナーなどの職歴を経て、プロのセーラーとして独立。ジャパンカップ優勝、全日本マッチレース優勝など国内のレースだけでなく、トランスパシフィック・レース、シドニー~ホバート・レース、アドミラルズカップなどの国際外洋ヨットレースに多数参戦して好成績を収める。また、ヨットレースの最高峰といわれるアメリカズカップにも、日本代表チームのメンバーとして挑戦。現在、ヨット建造コンサルタントやセーリングスクールなどのセーリング事業一般を取り扱うコンパスコース社代表取締役社長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Powered by Movable Type

Supported by Movable Type入門